エンドユーザー

日本ユニシス株式会社

DX の実現に向けた Azure VMware Solution(AVS)の導入で運用保守の負荷や管理コストの課題も解決
自社導入で蓄積したノウハウと、VMware 製品の構築・保守運用の実績をもとに、お客様の AVS 導入も支援します

規模
ソリューション
製品
Cloud Verified , vRealize Operations , HCX

「ハードウエアに対する運用負荷の軽減とデータセンターの運用保守コスト削減」「現状の仮想サーバー群の運用・管理体制の維持」「移行に関する利用者の負荷・リスクの軽減」これらを満たすソリューションとして採用された AVS。仮想基盤システムのクラウド移行を検討している企業にとって見逃せない選択肢となります。

この事例を読む

他のソリューションも検討したなかで AVS を採用した理由としては、複数 VM の同時移行や VMware 製品による仮想化環境の運用継続、現在使っている古いバージョンのゲスト OS からの移行が可能で、短期間かつ互換性を担保したまま移行が行えたことがあげられます。もちろん、Azure の PaaS を利活用することで利便性の向上が図れるというのも大きな要因といえます。

日本ユニシス株式会社
情報システムサービス部 
企画室 基盤課
木村 良仁 氏

パートナー

TOP